読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の本屋さん

本屋さんで買った本、気になった本を紹介します。

9月某日の本屋さん

大阪/南河内/F書店

本日の購入は2冊です。

購入した本 1

  

内容紹介 /
ストリートビューに映り込む淡い記憶。レコメンドエンジンがほのめかす人の情。古い携帯にしみこんだ後悔。果ては、故人の人格が染み付いた人工知能とのすったもんだまで……。
情報の海に人知れず降り積もる、どこかのだれかの物語を22編収録。

先に出た電子書籍版がTwitter等でかなり話題になっていたので、これは紙媒体でも書籍化するはず、と思い待っていました。見つけて即購入。(私はあえて読まずに書籍を購入しましたが、)現在もWeb連載時の記事はそのまま公開されていて、全話読めますね。
www.itmedia.co.jp

関連

同作者の新作『AIの遺伝子』も、今年の話題作なので、今年度中に読みたいと思っています。

  

  

購入した本 2

  

内容紹介 /
ネカマの僕が、ルームシェアはじめました。
オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」内で仲良くなった『ゴローさん』とシェアハウスすることになったさつきたくみ(20代前半♂、ゲーム内では♀)。待ち合わせ先で立っていたのは、ゲーム内のキャラとは似ても似つかないギャル系女子で…!? ネカマ×ネナベのシェアハウスラブコメ

今一番癒される、ほのぼのラブコメ。主役2人がプレイしているDQ10ネタ(しかもオンラインゲームとしてのネタ)が基礎知識として必要なので、とっつきにくさもあるかもしれませんが、最大限シンプルに分かりやすく描かれているので、未プレイの私も楽しく読めています。むしろオンラインゲームをやったことのない身としては、知らない世界を覗く楽しみまで感じます。
私は金田一先生の衝撃のデビュー作『ジャングルはいつもハレのちグゥ』をリアルタイムのガンガン本誌で目撃した世代で(面白すぎて本当に何度も読み返して笑った)、その後続編『ハレグゥ』の頃には作風の変化ですっかり離れて読まなくなっていたのですが、本作をきっかけに、最近の他の作品も読んでみようかな〜と思ってます。

関連

『ラララ』が、本作と同じく男女同居生活ものらしいので気になる!

  

  

気になった本

MAGAZINE BE×BOY (マガジンビーボーイ) 2016年 10月号 [雑誌]

MAGAZINE BE×BOY (マガジンビーボーイ) 2016年 10月号 [雑誌]

志村先生、前コミックス以降も引き続きBL描いてるんですかー!

関連

ちなみに前作は、神棚に飾るレベルで有難がって拝んでいたら、自宅内で行方がわからなくなり、まだ読めていません・・・

9月某日の本屋さん

大阪/南河内/F書店

本日の購入は3冊です。

購入した本 1

  

数日前にコミックナタリーの記事:病気でフェロモンが出ちゃう男たちのBL「ドラッグレス・セックス」 - コミックナタリーを読んで「ほほう、フェロモンものとな・・・」と気になっていたところ、さっそく平積みされているのを発見したので購入。
前日、前々日に行ったP書店は、BLコミックの扱いが僅少なので、近所の本屋さんだとF書店でお世話になることが多いです。F書店はF書店で、BLと一部の非BLが一緒に並べられているのでどうなのかなーとも思いますが(知らない人がBLを手に取っちゃうことよりも、そこに置かれている非BLが、BLコーナーだと思って近寄らない人に手に取ってもらえないことが気になる)。

とにかく、今日はこの1冊をバーンとレジに出してやるぜ!?って思ったけれど、結局、他のものも買ってしまった・・・
なんだかエロ本隠すために他の本も買ったみたいに思われちゃってごめんね、他の本たち。

購入した本 2

  

前の記事で紹介した本のタイトルですが、本当に「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」んです。少しでもそこから脱却したいので、こんな特集はありがたすぎる!と購入。
まだまだひとりご飯に抵抗がある人もいるようですが、私はひとりごはんが好きなんだと思う。しかも、ひとり家ごはんよりも、ひとり外ごはんの方が好きなんですよね。
ちなみに、後日妹に「こんなん買ったよー」と話したところ、「わたしも本屋でみたけど、梅田はほとんど行ったことある店やったわ・・・」とのことでした。さすがっす。

購入した本 3

  

気がつけばもう1年以上前になりますが、『火花』を読んだ流れでその次に『第2図書係補佐』を読んで、とても面白かった(感想:http://kanatam.hatenablog.com/entry/2015/09/04/185034)ので、次は「火花後」である本書を購入。
さっそく今、読んでいるのですが、これって「書き下ろし」ではなく「語りおろし」なのでは・・・。読みやすいのですが、『第2図書係補佐』に比べるとどうしても、内省的にぐんと踏み込むところが物足りない感じです。人に話すのと、原稿用紙と向き合って書くのでは、やはり違っちゃいますよね。
『火花』ブームの中で、早い時期の発行が望まれて作られた本書でしょうし、その需要は果たしていると思います。仕方ないかな。

気になった本 1

  

読みたいと思っていた『黒薔薇アリス』の新装版が出てるー!
2017年舞台化に合わせてのようだけれど、手に入りやすくなってありがたいです。とはいえ、まだ『放課後保健室』文庫版を積んでいるので、購入はそちらを先に読んでから。
調べてみたら、黒薔薇アリスは第一部完、ってことでまだ未完なんですね。プリンセス(秋田書店)連載だったのが、今回講談社からの新装版刊行ってことで、移籍・再開の兆しなのでしょうか??
水城先生は物語をきちんと完結させるタイプの作家さんなので、未完のままになる不安が薄くて良いです(作品はラストシーンが最初に決まって、そこから話を組み立てていく・・・というような話を何かのコミックス(同棲愛かな?)で読んだ記憶が)。

関連

  

コミックス全10巻、文庫版全6巻。先日文庫の2-6巻を手に入れたので、近日読みたいです。

気になった本 2

  

小説は小説として、あまり表紙イラストに左右されたくないと思ってはいるのですが、いやー素敵な表紙ですね!!!(谷川史子先生大好き)
加藤千恵作品読んだことがないので、まんまと表紙作戦にはまりつつも、これを機に読んでみようかな。

気になった本 3

  

戯言シリーズを読み終わった後、物語はもちろんその他いろいろすっ飛ばして、今私が読んでいる西尾作品が、この美少年シリーズ。とはいえ、まだ2作目『ぺてん師と空気男と美少年 (講談社タイガ)』を途中まで読んで、そのまま部屋の中で行方不明になっているのですが・・・平積みされている本書の表紙をみて、「続き読まなきゃ!」と思い出しました。
続々と映像化されている西尾作品ですが、私は戯言よりも本作のアニメ化を待っていますよ・・・シャフトじゃなくてボンズ×五十嵐×榎戸で観たいです(つまりは桜蘭高校ホスト部)。

関連

  

さっそくコミカライズもされているんですね。本作は、キナコ氏によるキャラクターデザインも素晴らしいんですのよ〜。

8月某日の本屋さん

大阪/南河内/P書店
  
本日の購入は0冊です。
  
2日連続、書店Pさんへ。この日は、目についた本をカフェに持ち込んで読んだりしました。
  

気になった本 1

  

言わずとしれた、堀江さん出所後に出版された本。いまだに平積みされているのもよく見かけるので、こういう時に、と最初のほうをちゃんと読んでみました。
読みやすいし、確かに面白い。生い立ちを振り返っていく章の、幼少期のところまでしか読めませんでしたが、とにかく導入の第0章「それでも僕は働きたい」が面白かったです。

収監されてから仮釈放されるまでの1年9ヶ月の間、僕の心を捕らえて放さなかった言葉、それは次のひと言に尽きる。
「働きたい」

の部分なんて、自分に無い発想すぎて、ひょええー!って思いました。すごい。
びっくりしたけれど、「私にとっての娯楽(=こんなブログを書いたりすることで、世界と接続すること)」が、ホリエモンにとっては「仕事」なのかなぁと思ったり。
彼がどうしてホリエモンになったのか、というところにはあまり興味がないので、自伝的なところは読み流す感じなのですが、仕事観には興味があるので、いずれ通読したいと思います。
他の彼の近著でも、仕事論的なものはあるのでしょうが、タイトルで煽りすぎていてなかなか読む気にならず・・・笑。
本書の出版は2013年で、タイトルも文章も殊勝な感じだし、彼が復活してまたブイブイいわせている現在に読むのとは、大きく印象が違ったのだろうなぁと想像しています。
  
  

気になった本 2

  

これも、カフェに持ち込んでパラパラ。
日本全国、おなじみのチェーン店について書かれたコラム・エッセイ集。
毎回、一つずつピックアップされたチェーン店について語られる形式で、小ネタも多くそこそこ面白いのですが、私がタイトルに惹かれて手に取ったのは「どうして我々は気がつけばチェーン店に行ってしまうのか?」という行動原理について語られているのかと思ったからで、ちょっと期待したものとは違いました。タイトル勝ち。
  

気になった本 3

  

文庫売り場にコーナーが作られていて、「あっ!」となった作品。
表紙イラストを、アニメーター/イラストレーターの吉田健一氏が手がけられていて、それだけで欲しいなーと思っていた1冊でした(そしてそれきりに・・・)。
この日は購入しませんでしたが、コーナーがあるうちに買おうと思います。

8月某日の本屋さん

大阪/南河内地方/P書店
  
本日の購入は1冊です。
  
チェーン店だけど古くからあり、引っ越して遠くなった今も、車で通っている書店Pさん。
ここ数年、オシャレ雑貨の売り場が拡大されたりして、「ああ、本は売れてないんだなー」と気がかりでしたが、今回、売り場面積の1/4ほどが、書店運営のカフェに改装されるとのこと・・・。
この日は、初めてそのカフェを見に行きました。
カフェのコンセプトやシステムは、関西の有名店・スタンダードブックストアをそのまま踏襲している感じ。ちょっとそのまますぎて驚きましたが、大阪市内まで行かなくともSSBS的な場があることは、私にとってはプラスかな。
この路線で果たして大丈夫なんだろうか・・・という不安はぬぐえませんが、とにかく閉店せずに本屋さんを続けてもらえるだけでも嬉しいです。応援します!
  

購入した本

  

カフェの中にも、購入できる本が自由に読めるように置いてあって、パラパラめくったら結局買ってしまった。。。開店へのご祝儀ということで!!
ちなみに、合本になる前の2014年度の読書入門も買って手元にあるんですが、結局ちゃんと読んだ記憶がないんですよね・・・同じ轍を踏まないよう気をつけないと。

気になった本 1

  

「おー、もう文庫になったんだ」と思ったけれど、2012年刊行の2015年文庫化でした・・・私の時間感覚ー!!
伊坂作品は数作読んだだけながら、割と好きな方なのですが、何より本作はタイトルが良いですよね。「残り全部バケーション」ですよ〜、テンション高まる〜。読むだけで元気になる、声に出して読みたいタイトル。そんな内容かどうかは知らないけれど、いずれバケーションしたい気分の時に読むのだろうと思います。
  
  

気になった本 2

  

やたら関連書籍を目にするので、またこんなものが・・・と思いつつ手に取ったのですが、以外と中のデザインや構成がちゃんとしてて驚き。単なる自由帳的なノートかと思いきや、ファンシー手帳のような作りで、デザイン数も多い上に雑誌掲載のための人気の一枚絵までしっかり収録されており、立派なファンアイテムだった・・・!これが文庫の価格とサイズで手元に置けるのはかなり美味しい、と欲しくなってしまいました。キリがないので、買わないけど!!!

関連

おそ松書籍といえば、こっちも気になって立ち読みしたりはしています。購入には至っていないけれど・・・

  

  
  

8月某日の本屋さん

大阪/天王寺/T書店
  
本日の購入は0冊です。フロア内を通過しただけ。
  

気になった本 1

  

1巻発売の時から、全2巻完結と予告されていましたが、いよいよ2巻が発売されたのですね。昨年〜今年の話題作なので、年内に読んでおきたいです。
  
  

気になった本 2

  

タイトルだけ知っていた、バドミントン漫画(ですよね?)。
表紙がとてもとても良いですねー。しばらく見つめてしまいました。
オリンピックでも女子バドミントンが熱かったですし、ちょっと読んでみようかなー。
  

気になった本 3

  

今年の春から、猫を飼い始めまして。
それまで「実際に飼えなくて辛い」ので読むのを我慢していた猫漫画を心置きなく読めるようになりました。もはや大長編となっている『くるねこ』にも手を出してまして、少しずつ集めています。
そんなくるねこ作者さんがかかりつけにしている「猫医者」氏によるコラム集。欲しいなーと思っていたら、第2弾がでてました。電子書籍にもなってる。購入検討。

8月某日の本屋さん

大阪/天王寺/A書店
 
本日の購入は2冊です。

購入した本 1

  

今日はこれを買いに本屋に行きました。

Phaさんといえば、『持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない』が好きなのですが(紹介記事を書くくらい→
http://kanatam.hatenablog.com/entry/2015/11/05/223746
)・・・本作はその数ヶ月後に上梓されたものなので、内容的にも似たところがあるかなー?と思い、購入を見送っていました。

ところが最近、自分の周囲で新しい企画が立て続けにスタートして、それらに対して自分に何ができるのか、何からすればいいのか、と気持ちばかり焦ってきたので、ふと「しないこと」をテーマにした本書を読もうと思ったのでした。
在庫があってよかった。

購入した本 2

  

2巻が出てたぞー。
グルメ漫画の隆盛が想像以上に長く続いている中、「むしろ食欲が落ちる」異色作。
施川先生読み始めたのは『鬱ご飯』1巻が出た頃からなのですが、本シリーズと『ド嬢』シリーズ、ともにすごく好きです。

気になった本 1

  

仲良くして頂いている、紅茶のひと・安江さんのオススメで買ったレシピ本、たべようび。
blog.livedoor.jp
  
春に私が購入した時は、本屋で見つけられず、Amazonでも品薄な状況でしたが、この日は平台にコーナーが作られ山積みされていました。
とても良い1冊だったので、増刷されたのかな?と嬉しく思い、よく見たら、もうすぐシリーズ新作が出るとの予告が。こっちも欲しいなぁ!

気になった本 2

   

料理関連では、こちらも欲しくなりました。ここ数ヶ月、また、自炊全然していないけれど・・・
  
  

気になった本 3

   

表紙が目に止まったら、竹宮ゆゆこ新作。そして表紙イラストはよく見たら、浅野いにおかな。
私は、竹宮先生の代表作『とらドラ!』は、メンタルにキそうな気がして小説もアニメも触れずに過ごしていて、初めて読んだのが、新潮文庫nexでの前作『知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫nex)』でした(2年前)。これがかなり好きな作品だったので、久しぶりに竹宮作品読みたいな。